NEXTAの特徴

nexta top

尿素水製造装置-NEXTAの特徴①

尿素水(AdBlue®)を使用している全ての企業様の経費削減に貢献します。

トラック・バスSCR用尿素水は、純水と尿素を32.5%の濃度になるよう混合し製造されますが、市場に流通しているAdBlue®(尿素水)の製品価格の実に50%以上を、流通コストが占めています。

大手AdBlue®メーカーは工場を各地に持ち、そこで大量生産し運搬していますが、上記の理由から工場から離れれば離れるほど、その運搬コストはユーザーが負担しているのが現状でした。

NEXTA32.5は、どこでも・だれでも・簡単にJIS規格に適合した尿素水を製造することが可能な為、AdBlue®(尿素水)の運搬コスト分、経費削減に繋がります。

使用量によっては、50%以上のコスト削減が可能です。また、AdBlue®(尿素水)使用量によって装置のサイズなどを柔軟に変更できるので、イニシャルコストを低く抑えることも可能です。

img3

 

尿素水製造装置-NEXTAの特徴②

AdBlue®と同じく、JIS規格適合品質の尿素水を安定製造します。

hinshithu

尿素水を自社で作るにあたり、気になるのが品質です。

尿素水は純水(JIS規格により規定)と、尿素(原料)の混合(溶解)を32.5%の濃度で行い製造されます。

当社の尿素水製造装置には、高機能純水装置が内蔵されており、水道水を繋ぐだけで純水が作られます。尿素原料は当社指定の工業用尿素(SCR尿素)を使用して頂く為、JIS規格をクリアしない不純物が入り込むことはございません。

いつ、どこで、だれが作っても高品質尿素水になる理由

例えば、製造スタッフが変わった時——

尿素水製造装置NEXTAは、尿素を入れ(10分ほど)、スイッチONで製造できる為、操作が初めてのスタッフでも簡単に製造出来ます。

例えば、機械が故障した時——

尿素水製造装置NEXTAは、常に濃度を監視する特殊な連続濃度センサーが搭載されています。濃度が32.5%から逸脱する場合は警報機能により、スタッフへ知らせます。また、ポンプ故障や純水装置の異常なども警報出力される為、JIS規格準拠の品質は確実に保たれるようになっています。

 

 

尿素水製造装置-NEXTAの特徴③

簡単操作。しかも手間なし。

尿素水の製造に複雑な作業は必要ありません。また、尿素水の製造に人手がかかっても意味がありません。

尿素水製造装置NEXTA32.5は、尿素の投入(10分程度)が終わったらボタン操作だけで作業は終了です。

あとは自動で32.5%高品質尿素水を製造しますので、常に人が装置に付いている必要はありません。

gamen1 gamen2

タッチパネル画面の一例です。左画面のSTARTボタンを押せば、全自動で製造がはじまります。右画面はディスペンサー機能(オプション)を付与した画面です。

※タッチパネル画面のデザインや機能は、性能向上の為予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。
※経費削減効果は使用量による増減致します。詳しくは当社までお問い合わせ又はシミュレーションをご利用ください。
※品質は当社指定原料及び当社既定の操作・管理を行って製造した場合に保証が可能です。詳しくは当社までお問い合わせください。